掘取機は長野県東御市の農機メーカー「上田農機株式会社」

掘取機は長野県東御市の農機メーカー「上田農機株式会社」

企業情報

会社概要

会社名 上田農機株式会社
所在地 〒389-0512 長野県東御市滋野乙1649
TEL 0268-62-1338
FAX 0268-62-1349
代表取締役社長 春山 清利
資本金 5,000万円
創業 明治25年
事業目的 各種動力犂・各種自動掘取機・各種管理作業機の製造及び販売・
芝用管理機械の製造及び販売
生産品目 ◇ハンドトラクター用作業機 ◇乗用トラクター用作業機◇各種スキ
◇種掘り取り機 ◇各種多連培土機◇球根類植付機
◇つる切り機◇球根土落機
◇芝用管理機械◇ライムソワー等
敷地 ■土地・敷地:3,600平米 ■建物:2,100平米
特許・実用新案 ◇蓄力犂徳用号ホーク型
◇高低兼用改良上田犂
◇深浅自在上田犂
◇地中栽培長根菜類掘取機
◇地下球茎作物土取機
◇双用犂(ターンプラウ)
◇廃ほだ処理機

沿革

明治25年 犂鍛冶所として創立
大正2年 蓄力犂徳用ホーク型を発明。特許取得
大正2年 高低兼用改良上田犂を完成
大正3年 上田犂製作所として設立由来蓄力犂の製造販売を開始、
以後各地方に普及を続け上田スキと通称される。
大正3年 特許徳用号ホーク型より現在の上田犂ホーク型マークを商標登録する。
大正3年 深浅自在上田犂完成
大正4年 深浅自在上田犂専売特許登録
大正4年 帝国発明奨励会にて優等賞金牌授与
昭和25年 株式会社へ改変第二上田犂製作所に改称
昭和30年 機械工場設立
昭和38年 上田式自動掘取機が完成、販売開始
昭和40年 超小型犂が完成、販売開始
昭和44年 株式会社上田スキに社名変更
昭和45年 原動機用ピストンの加工部を増設
昭和46年 ピストン部門と農機部門を分離
昭和46年 上田農機株式会社を設立
昭和50年 地下球茎作物の土取機が特許取得
昭和52年 株式会社マルイ製作所より全下部並びに会社経営件を引き受け
昭和55年 第22回長野県発明奨励賞にターンプラウが日刊工業新聞賞を受賞
昭和58年 樹木粉砕機が科学技術庁長官より注目発明認定証受賞
昭和59年 韓国に当社製品20台寄贈により、東部町より感謝状授与
昭和61年 球根土落機、特許登録
平成元年 東部町に実演農場を購入
平成2年 事務所新設

地図

作物別の製品案内 (掘取機・収穫機・植付機・ライムソワー等)

  • コンニャク

  • ジャガイモ

  • さつまいも・里芋

  • ネギ

  • 玉ねぎ・うど

  • 人参・マルチはぎ

  • 落花生

  • キャベツ・他

どうぞお気軽にお問い合せください。0268-62-1338